IT技術Labo - HouseTect

Javaフリーエンジニアとしての苦悩や、アーキテクトになるための努力の軌跡を掲載しています。.NETとJavaに力を入れた技術情報発信ブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

font-familyの使い方


font-familyfontとは違って単純に文字フォントを指定するCSSプロパティです。

なお、指定したフォントがユーザーの環境にインストールされていない場合には、ブラウザで設定されたデフォルトのフォントで表示されます。

■使い方
さまざまなフォント(serif)

さまざまなフォント(sans-serif)

さまざまなフォント(cursive)

さまざまなフォント(fantasy)

さまざまなフォント(monospace)


上記のソースは続きから。


上記のソースがこれです。

<SPAN style="font-family:serif">さまざまなフォント(serif)</SPAN><BR>
<SPAN style="font-family:sans-serif">さまざまなフォント(sans-serif)</SPAN><BR>
<SPAN style="font-family:cursive">さまざまなフォント(cursive)</SPAN><BR>
<SPAN style="font-family:fantasy">さまざまなフォント(fantasy)</SPAN><BR>
<SPAN style="font-family:monospace">さまざまなフォント(monospace)</SPAN><BR>]



また、テキストボックスを使用している画面で、「size="10"」などの幅指定を行っていた場合には注意が必要です。

size属性で指定された値は、
「文字数分の幅を取る」
という意味になるので、フォントによって1文字の幅が変化してしまいます。

なので、フォントに影響を受けないように、widthプロパティを適切に使用したほうが良いです。

以下に例を載せておきます。
ローカルにコピーして実行してみてください。

そして、font-familyを適当なものに変えるとテキストボックスの幅が変わってしまうのが分かると思います。
スポンサーサイト



↓のボタンでこのブログの記事をランダムに表示します。

●Homeへ戻る●

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

Pickup Link!

COUNTER



RSSの登録はこちらからどうぞ。
RSS

ブログ内の検索

Google

プロフィール

Hisasann

Author:Hisasann
かなり走り書きなブログで申し訳ないです。個人のメモ程度に使っていますが、よかったら参考にしてくださいね。メールまってま~す。

相互リンク募集しています。 下記メアドまでメールください。
Rastaman@Mixi
Rastaman@コトノハ
Rastaman@テクノラティ

アクセスランキング

ブログパーツ

ブログランキング



ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。